ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

カップリングカップ2016in武庫川一文字

こんにちは!明石の八尾亜紗美です!

7月10日、兵庫県武庫川一文字で開催された「カップリングカップ2016」に参加してきました

この大会は、恋人、釣り仲間、親子、兄弟、ご夫婦など、男女のペアでの参加が規則で、釣り方やターゲットは何でもOKの、和気あいあいとしたイベントです

もちろん、ハヤブサも協賛していて、スタッフの中にはハヤブサのテスターさんの姿も…

DSC_9662

早朝4時の駐車場開門と同時に受付が始まり、参加者100人が受付を済ませると、「四季の釣り」でお馴染みの伊丹章さん、「ビッグフィッシング」乙女かい?でお馴染み永田まりさん、シンガーソングアングライダーのトモチンが開会のステージ

開会式が終われば、指定された渡船に乗って、武庫川一文字のお好みの場所へ降りて、釣りをスタートします

12時帰港の渡船が最終便となり、それまでが釣りタイム

人気はやはり好調のタコ釣りのようです。皆さん、思い思いのタコジグで波止際をこすっていきます

私は昨年同様、いつもお世話になっている松村さんと組んで、エビ撒きでのハネ、チヌ狙い

エビを底撒きしてポイントを作り、釣り始めますが上潮がすごく滑って、ウキがあっという間に流されてしまいます

オモリを少し重くしても同じ

これは潮の緩み待ちかな…

腰を据えて釣っていると、参加者でタコ釣りをされている人が次々に通りかかり、そのたびにしばし歓談(笑)

S__22052874

「ラバだまで釣れてるよ~」と嬉しい声を掛けてくれる方もいらっしゃいました

釣果的にはタコはぼちぼち釣れている様子。何よりスゴイのはサビキの小アジ、小サバ!ずっと鈴なりの様子です

ただし、エビ撒き釣りのウキはピクリともせず…

朝は曇り空でそよ風も吹いて気持ちよかったのですが、9時を回る頃から快晴、そして無風に!

あまりの暑さに「諦めて早めに上がっちゃおうか…」と話をしていると、少し離れた場所で、ガシラが上がったのを確認

松村さんが、「堤防ガシラ五目・胴突2本鈎」を取り出して「何か審査に出せるようにガシラでも釣っておくかあ~」とシラサエビをセット

少し歩いてケーソンの継ぎ目に仕掛けを入れたかと思ったら、すぐにガシラをダブルで釣り上げていました

少し、探りながら10匹ほどのガシラを釣り上げて、その内のもっとも大きなガシラだけを持ち帰り、10時半頃の納竿としました

さて、暑くなった事もあり、早めに納竿した人が続々と検寸会場に帰ってきます

メインはやはりアジ・サバの部とタコの部(ともに総重量)です

私たちのガシラは根魚の部で1匹長寸

結果は…

見事に根魚の部で優勝!

P7101131

昨年、一昨年のカワハギ大会に続いて、人生で3度目の表彰台に立てました

驚いたのはチヌの部で優勝されたペアで、女性の方は釣りそのものが初めて…

P7101118

1投目に竿を渡されて持っていたら、いきなりチヌが釣れたそうです!それで優勝なんて、これで釣りガールが1人増えましたねえ
(笑)

検寸から審査の合間にはステージでたくさんのゲストが登場して参加者を楽しませてくれていましたが、ものすごく楽しいほのぼのとした大会で、次回も是非参加して、次は最初に狙うと決めた魚で入賞したいですね!

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。