ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

藤本、ワカサギ釣り大会に出場する

007

みなさんこんにちは~

山口県の藤本です

 

先日、ついに私は釣り大会に出場することを決意しました

ターゲットはワカサギ

そう、ワカサギ釣り大会です

 

グレやチヌの大会は無理でも、ワカサギなら何とかなるかもしれない(←失礼)

 

ということで2月某日、開催地の下関市豊田湖へ向かいました

当日は強い雨が降っていて、釣りの開始予定時間になってもまだ夜が明けず真っ暗

辺りは暗いし、初めて訪れた場所ということもあって釣り場周辺を無駄にウロウロしていたら・・・

気づいた時には場所取りが始まっていました

 

藤本、痛恨のミス

 

ワカサギ釣りは場所取りが命(らしい)

 

人気スポットは既に釣り人で埋まってました

周りを見ると、ワカサギ専用ロッドに電動リール、中には魚群探知機まで持ち込んでいる人もいました

一方、藤本はレンタルロッド(2本)とレンタルリール(手動式・2個)

早くも漂う敗戦濃厚の雰囲気

 

それでもなんとか桟橋の隅っこを陣取り、釣り開始

仕掛けはhayabusaさんの「瞬貫わかさぎ」シリーズを使用しました

(詳細はこちらをクリック↑)

 

この大会では、竿は1人につき2本まで使用できます

私は2本のレンタルロッドを駆使し、それぞれ7本鈎の仕掛けを付けました

少ないアタリの中、1匹ずつではありますが、着実に釣り上げていきました

 

釣り続けるうち、根がかりして何度か仕掛けを切ってしまいました

そのうち、仕掛けの下に付けるオモリが不足するという緊急事態発生

釣りの終了時間まで、あと1時間以上あります

もはやこれまでか、と思われたその時

係員のおじさんが、ふらりと近くを通りかかりました

おじさん「釣れよるかね~?」

私「はい、ぼちぼち・・・。ところでおじさん、オモリ持ってません?」

おじさん「あるよ」

ポケットからオモリを2個取り出すおじさん(天使)

奇跡が起きた瞬間、いや瞬貫でした

 

その時もらったオモリ2個↓

004

 

このオモリのおかげで、制限時間まで釣りを続けることができました

この日の釣果↓

001

計量結果は160gでした

大会はボート部門(男性)・桟橋部門(男性)・女性部門・子ども部門の4部門に分かれ、

総重量の多い順に、上位3名が表彰されます

私は「女性部門」にエントリー

 

順位が確定するまで、ビンゴ大会が開催されました

 

そうだ、ワカサギがダメならビンゴで勝てばいいのよ

 

結果、最初にリーチを宣言するものの、最後までビンゴできませんでした(←悲惨)

002

 

さて、いよいよ結果発表

女性部門で私の名前が呼ばれることは、残念ながらありませんでした

 

私は女性部門12人中、5位か6位くらいでした

不人気スポットで釣り続けた割には、なかなかの順位だったと思います(自画自賛)

 

続けて参加者全員に当たるくじ引き

私は、オレンジ色の水汲みバケツが当たりました

003

大切に使わせていただきます

 

大会の最後には餅まきがあったようですが、これには参加せずに帰宅しました

帰宅後、ワカサギは天ぷらにして、家族みんなでいただきました

こんな感じで、充実した釣り大会となりました


次回予告:「藤本、隼華に応募する(1年前)」をお送りします

次回もまた読んでくださいね~

 

関連記事

当ブログはハヤブサが釣り好きの女性たちを応援し、
一緒に釣りを盛り上げて下さるHAYAKAメンバーによる
日々の出来事を綴ったブログです。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。