ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

藤本、隼華に応募する(1年前)

みなさん、こんばんは

山口県の藤本です

 

今回は私が隼華に応募した経緯を書きたいと思います

 

遡ること約1年前

私が隼華の存在を知ったのは、雑誌「釣り画報」で

「隼華2期生募集キャンペーン」の記事を見たことがきっかけでした

仕掛けとかウェアとかもらえるなんて素敵やん!

なんか釣りがうまい人みたいでかっこええやん!

と思った

 

早速、隼華の応募資格を見てみると・・・

1.20歳以上の女性 ←余裕でクリア(涙)
2.釣りに関心のある方 ←関心あります、クリア
3.釣りの経験のある方 ←経験あります、クリア
4.ハヤブサのHPや各種メディアへの露出が可能な方 ←露出・・・します!クリア
5.SNS発信のできる方 ←やればできる!多分!クリア

どうやら応募資格はあるようだ

 

ということで、応募フォームを書いてみることにした

まず最初の項目「画像データ添付」

画像がない

こういうのって、釣った魚を持った画像で応募することが多いですよね

そんなのありません

今まで釣りに行っても、釣った魚単体を撮影するだけですもん

 

さてどうする

 

そんなとき、ツリー・アントワネットの言葉が思い浮かびました

「魚を持った画像がなければ、魚になった画像でいいじゃない」

 

・・。

 

・・・・。

 

・・・・・・。

 

 

268

 

はい、完全にヤバい奴です

(ちなみに撮影場所はハウステンボスのトリックアート展)

この画像を添付し、応募完了

 

 

多数の応募の中、さぞかしこの画像は浮いていたでしょう

はたして吉と出るか凶と出るか

(面白いと思われるか、危険人物と思われるか)

 

 

結果、まさかの合格

ハヤブサスタッフの方々の判断は前者だったようです(多分・・・)

 

 

つまり、何が言いたいかというと・・・

「やる気があれば何とかなる」

ということ

 

以上

 

信じるか信じないかは貴女次第です


次回予告:「藤本、チヌ釣りたいってよ」(仮)をお送りします

次回もまた読んでくださいね~

 

関連記事

当ブログはハヤブサが釣り好きの女性たちを応援し、
一緒に釣りを盛り上げて下さるHAYAKAメンバーによる
日々の出来事を綴ったブログです。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。