ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

近場で高級魚!?明石でタイラバ

みなさん、こんにちは~

明石在住の八尾亜紗美です!

いよいよ夏の日差しが強くなって、日焼け対策が大変なシーズンに入ってきましたね

そんな初夏の1日を地元に近い、明石浦の魚英さんで

タイラバを中心に楽しんできました

この日は6時出船でまずは明石海峡大橋の少し西側のエリアへ

水深は50mほどで、無双真鯛「フリースライド18号」のオレキンでスタート

底を取って、早めのリーリングで巻き上げますが反応なし

IMG_5595 (1200x800)

船中でも反応がないらしく、少し潮が緩むのを待って、一気に橋の直近へ…

かなり起伏のある海底らしく

ミヨシ、胴でゴンゴンとアタるのは良型のガシラ(カサゴ)

その後、ミヨシの人にひと際、大きくハッキリとしたアタリが出ているのが目に入りました

ゴンゴン、ゴン!

と最後まで抵抗し続けたのは30cmほどながら、本命のマダイ!

いいポイントに入ってきました~

でも、情報?によるとどうもシルエットの小さいタングステンヘッドにアタリが出ている模様

と言う事で「フリースライド・TG」に変更です

その直後…

着底後の巻き上げ寸前に、どどどん!

合わせちゃいけないタイラバですが、いきなりのアタリで驚かされて合わせたかも

途中までは激しく抵抗していたのですが

「あんまり叩いてないなあ」と船長

IMG_5602 (1200x800)

浮いたのは40cm近いアコウ(キジハタ)でした

IMG_5632 (1200x912)

この日は船中でもアコウが3、4匹上がっていました

こんな近場で、こんな高級魚が…

もう食べる事に頭が…

ここでは3、4匹のマダイが上がりましたが、私にはアコウのみ!

船長から「タイサビキでマダイが食いだしてるので、ちょっとサビキに行ってみましょう」とアナウンス

ここは海峡を抜けて、垂水辺りでしょうか

船団が集結しています

まるで、加太・友ケ島みたい

見ると、あちこちでポツポツと竿が曲がっていて、マダイが取り込まれていきます

さっそく、サビキ仕かけをセットして投入!

ですが、いきなりヒットしたのは、同じクラブメンバーの山本さん

30cm級のマダイでした

ここで、タイラバをしていた南さんにも25cmくらいのマダイがヒットしたらしい…

この時合いは30分ほどで終了

すると船長が「アジ、サバがよく釣れているのでお土産を釣りに行きましょう」

待ってました!

アジ、サバ! いいですねえ

竿をオモリ負荷50号の船釣り用にかえて

仕かけは「実践サビキ・ツイストスキンケイムラレインボー」の9号!

IMG_5672 (800x1200)

船長が魚探で群れを見つけたらすぐに仕かけ投入の合図

水深は40mほどですが、群れは底から15mも浮いてるんですって

仕かけを放り込んで指示ダナの手前から少しブレーキをかけるように落としていきます

すると、竿先がココン、フワッと浮き上がって

少し巻きに掛かると、今度はゴゴゴンとスゴイ引きに!

巻くほどに重たくなって、上がってきたのはマルアジ3匹とサバ2匹の5連パーフェクト!

サバはもとより、マルアジもよく肥えていて美味しそう!

IMG_5698 (1200x990)

そんな調子で、アジ、サバを満喫していると

「さ、最後にもう1回タイラバをやってみて、終わりましょうか」

タイラバ後半戦スタートです

が、私にはマダイからの反応がないまま終了

この後半戦では船中でマダイ52cmを筆頭に3、4匹が仕留められていました

今度こそ、マダイを釣ってやる~

と、リベンジを誓う反面

アコウ、アジ、サバ…食べるのが楽しみすぎる~

IMG_5781 (1200x800)

関連記事

当ブログはハヤブサが釣り好きの女性たちを応援し、
一緒に釣りを盛り上げて下さるHAYAKAメンバーによる
日々の出来事を綴ったブログです。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。