ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

アオリイカパラダイスプロジェクトIN引本浦(三重)

皆さん〜こんにちは!カオリンです☆

今日は紀北町引本浦のエヌテックマリンさんにて開催された、アオリイカパラダイスプロジェクトに参加してきました☆

IMG_9647

エヌテックマリンさんが中心となって漁協の方やたくさんの仲間の皆さんが集まってアオリイカの産卵床の設置が行われましたよ〜☆

 

そもそも“アオリイカパラダイスプロジェクト”とはなんぞや?と思われた方のために説明させていただきますと〜

近年のエギングブームなどに伴ってアオリイカが激減しているとも言われています。そこで釣り人として、釣るだけでなく育てることにも力を入れていくことが大事!ということで、アオリイカが産卵できる場所を作ろうと、このプロジェクトを始動されました。

IMG_9645

今年で9回目を迎えるこのプロジェクト!今年もたくさんの方が参加されてましたよ♪

 

 

さて、産卵床となる木はウバメガシという木。 材は緻密で極めて硬い木で、比重が大きく、水に入れると沈むので産卵床に適しているそうです。

IMG_9644

 

 

1つの産卵床に対して土嚢3つを結んで固定します!IMG_9668

 

 

設置するのは水深10〜15m。

アオリイカは水深12mくらいが一番産卵しやすい水深だそうですよ!

IMG_9654

今回は全部で11基設置しました。IMG_9658

明日またダイバーさんが潜ってしっかり固定していただきます。

 

去年の写真ですが、海底ではこんな感じになっています。 IMG_9673

アオリイカが産卵しに来ているところの写真。

IMG_9674

とっても神秘的だと思いませんか?

毎年たくさん卵をつけてくれます。

IMG_9672

自分が設置した産卵床にこんなにもたくさんの卵をつけてくれたんだと思うととっても嬉しいです☆

今年もたくさんのアオリイカが安心して卵を産んで、孵化してくれることを祈ってます☆

 

設置作業後は港の清掃!

IMG_9676

引本の漁港は割と綺麗な方ですが、それでもたくさんゴミが転がっていました。

ペットボトルや缶、釣り糸、仕掛けの袋などなど…これからも釣り場を守るためにも、せめて自分のゴミは自分で持ち帰り、マナーを守って釣りを楽しんでもらいたいですね!

去年は設置3日後にはもう卵を産み付けてあるのが確認されています!これからが楽しみです☆

 

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。