ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

日焼け対策は内側からのアフターケアも!

真夏の釣り

「美味しい干物を作ろうと魚釣りに出掛けたら

自分のお肌が魚の干物のようにゴワゴワになってしまった」なんてことありませんか?

 

気を付けていてるつもりでも、焼けちゃうんですよね~。
ついつい、釣り優先になっちゃうし・・・
日に焼けない為の準備はもちろんのこと
焼けてしまった後のケアも重要。

私自身は外側のケアはもちろんのこと
手軽にできる内側からのケアも取り入れています。
まずは「水分補給」。

IMGP1450

火照ったお肌をクールダウンさせる為に、
クーラーの中で冷やしておいたお水をコットンに浸みこませ、
お肌に貼って冷やしています。
残りは飲んで、体の中にも水分補給。
日に焼けると水分が失われますからね。
肌表面と体の中からのw保湿で、日焼けによるダメージ肌をケアします。
あとは「栄養補給」も重要。
最近は、飲む日差しケア用のサプリメントが登場していますので
私も愛飲しています。

IMGP1452

釣りに夢中になると日焼け対策がおろそかになりがち。
サプリメントなら飲むだけなので簡単です。
そしてもうひとつ、毎日必ず食べるようにしているのが「トマト」。

IMGP1448
抗酸化作用の強い「リコピン」が多く含まれることで知られています。
このリコピンが凄いチカラの持ち主。
シミ・ソバカス・老化の原因になる活性酸素を抑制するほか、
日焼け予防の研究結果もあるのだとか。
→KAGOMEトマト大学医学部 http://www.kagome.co.jp/tomato/tomato-univ/medical/whiteskin.html

これからがトマトの美味しい季節。
氷水で冷やしたトマトを釣り場で丸ごとガブリも美味しいですよ。

 

ゴワゴワになってどうしようも無い時はピーリングジェルでマッサージ。

IMGP1454
日焼け後のお肌は、乾燥して細かいシワだらけでファンデーションのノリも最悪。
一気に老け込んで見えてしまいます。
1日も早く古い角質とはサヨナラです!
釣りをする女性にとって、大きな悩みとなる『日焼け』。
「釣りをしているから仕方がない」と諦めるはまだ早いですよ~!
10年後も「釣りをしているのに綺麗」って驚かれる健康的なお肌を目指しましょ

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。