ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

琵琶湖バス☆夏の釣りで60(ロクマル)っ♪など。

image1

こんばんは☆  ミポリンコです(*^_^*) 

今回は一部ですが、琵琶湖の夏のボート釣りの楽しみ方を書いていきますね♪

image1 (5)

まず、最近の琵琶湖は。。。

image1 (6)

ウィードが。。  モッサリ。(@_@;) 3.5メートルラインでこんな感じの場所が沢山。

岸際にもウィードがどっさり。。\(◎o◎)/! 南湖全体がウィードに多い尽くされています

そして、エリアの選択が大変難しくなっています。

エリアによっては 以前紹介したようなダウンショットやネコリグでも、もちろん釣ることは可能です。

image1 (2)

image1 (4)

ですが、それに加えて

今回は真夏のカナダモドームの釣りでロクマルを釣っちゃいました(*^_^*)

最近私が 大きいバスを狙って使うリグは、パンチショットリグです。

こんな感じ↓

image1 (8)

少し前までは10gシンカーを中心に、14gも使用していましたが、

カナダモの成長と共に、最近ではシンカーは14~21gを使用しています。

image1 (7)

シンカーが細く真下にあることで、フォールスピードが早く濃いカナダモドームを突き抜け

ヘビーウィードの中にいるバスに直撃することができます☆!(^^)!

ワームはすり抜け効果の高い、ストレートワームを中心に使用しています。

アプローチの仕方は、カナダモドームに向かってピッチングで投げて行きます。

ファーストホールのバイトがほどんどで、アタリを感じたら、しっかり送って。。

フルパワーフッキングするという豪快な釣りです☆

左のこんな感じのサイズから。。(右はダウンショットで釣ったバス)

image1 (3)

グッドサイズも♪

 

image1 (1)

なかでも、プロアングラーの森さんと夕まづめの琵琶湖へ出撃させて頂いた時には

森さんのポイントセレクトのおかげで、

なんと!!ロクマル釣っちゃいました

image1 (9)

 

ただし、この釣りはバスを掛けた後、勢いよくウィードに潜られること(藻化け)も多々あるので、かなり難易度の高い釣りのようです。

私も何回か藻化けしたりで、毎回掛けた後のやりとりにドキドキします(*^_^*)☆

これからの時期も、このパンチショットリグで楽しめるので、

是非 みなさまもデカバスを狙ってみてはいかがでしょうか??)^o^(

では、またねっ☆

関連記事

当ブログはハヤブサが釣り好きの女性たちを応援し、
一緒に釣りを盛り上げて下さるHAYAKAメンバーによる
日々の出来事を綴ったブログです。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。