ハヤブサLady 隼華-HAYAKA-

北海道遠征パート2(念願のカラフトマス編)

IMG_20180922_171135

こんにちは。4期@東京の新発田です。

長い一日となった北海道遠征初日。宿に帰る道中、Aちゃんと一緒に翌日の作戦会議をします。

 

川もダメ、ショアもダメ。

明日もこの調子だとヤバいぞ。。

 

そこで、

A達さんから教えてもらった裏技

「渡船で知床半島先端に渡ってカラフトマスが溜まっているポイントに行けば簡単に釣れる」

をもう明日使っちゃうか!

ここまできたら、どんな汚い手(?)を使ってでも釣りたい。

 

早速、教えてもらった船宿の英人丸さんに電話をして翌日の予約完了。

午前4時集合とのことなので、2時頃起床(> <)で相泊港へGO!

港に着くと、釣り人がどんどん船に乗り込んでいます。我々も急いで準備して飛び乗ります。

 

知床の雄大な風景を拝みながら20分程度でポイントに到着。

2018091917200600

船から降りる前に、爆発みたいな大音量の爆竹を鳴らしてクマにお知らせ。

さらに、慣れたお客さんが、大声でクマ対策してくれました。

 

IMG_20180922_165833

ちなみに釣り人を降ろしたあとも、船はずっと待機しててくれます。見えるかな。

ヒグマが出たらすぐに釣り人を回収して逃げられるように待機&見張ってくれているんです。

 

怖っ!!!

 

 

少人数にならないようにみんなで行動し、さらに定期的に大声で喋るようにします。

ほかにもキツネなど野生動物が多いので、食べ物やバッグを持っていかれないように常に注意が必要です。

 

いやー。怖い。

 

到着早々、みなさん着々と釣っていき、これなら釣れそうな予感!

釣れると噂のスラローム系アクションのルアーを投げます。

あたります。

 

バラします。

 

あたります。

 

またバラします。。

 

なんで私だけ…

 

もうボウズかも…

 

 

といつもの悪い予感。

 

フックの問題かと思い、青銀のスプーンに変えてみると

 

 

 

IMG_20180922_165925

ようやく釣れたー

 

2018091917235300

釣れたー

 

2018091917210200

釣れたー

 

しかも全部口に掛かってる(カラフトマスはスレも多いらしい)。

このスプーンがアタリルアーだったのか、ここからはポンポン釣れました。

 

今にして思えばですが、最初に使っていたルアーは針の小ささに加えて、スラローム系のアクションがスレを誘発しやすいのでは、という気がします。

特にせっぱりのオス。

あのルアーを使って足元近くまで巻いて来てバレたカラフトマスはいずれもオスでした。

あ、でもAちゃんは同じルアーで釣ってたかな。でもスレ頻度はどうだったんだろう。うーん、気のせいかな〜。

 

朝イチから徐々に活性が下がり、最後は特定のポイントにいる人以外全く釣れなくなり終了。

 

朝のバラシ祭りで時合をだいぶ逃した感がありましまが、なんとか5本釣れました。

そのうちメス3本をお持ち帰り。

 

ちなみに、釣り場での保存方法を近くにいた方に教えてもらったところ、釣れたらその辺の石で頭を打って気絶させ、エラを切って海水で軽く洗ったら、海水を入れたゴミ袋へ入れて血抜きするとのことでした。もちろん、準備が良い方はクーラーやスカリを使ってました。

 

釣ったカラフトマスを持って、そのまま宅急便へ。

2018091917213600

カッコいいサケBOXに入れてくれました!

ただ、サケよりだいぶ小さいので箱の中はスカスカ(^_^;)

 

10時頃には港に戻っていたので、この日はまだたっぷり時間がありますが、前日からの疲れもあったので昼寝して民宿の近くを観光して終了。

 

 

さてさて、泣いても笑っても最終日、3日目の朝!

2018090617550502

一応忠類川での釣りをしに来たので、なんとかカラフトマスを忠類川でも釣りたい!

とオープンの6:00過ぎにチェックイン。

 

「遅い!!」と言いながらも今日もちゃんと待っててくれるA達さんとN川さん。

 

なんと昨日A達さんがサケとカラフトマスを釣ったというB区域のポイントに案内してもらいます。

サケはまだ1日数本しか釣れていない時期なので、前日にA達さんが釣ったことにビックリ!

 

ちょっとずつ下流に下りながら昨日のアタリルアー、青銀のスプーンを投げて行きます。

 

と、ルアーが流れと別の方向に動いていく感触!

 

つ、釣れた〜!!

2018092216203600

という大事な場面でも相変わらず目を閉じてしまう。。

 

なんとこのあと同じポイントでもう一匹追加!

 

時合は朝イチとのことなので、数時間でひとまず納竿し、A達さん、N川さんとはここでお別れ。

このお二人に出会えていなかったら、3日間で一匹も釣れなかったかも。本当にありがとうございました!!😊

 

民宿の女将さんが作ってくれたおにぎりを食べ、私とAちゃんは最後にもう1ラウンド。

C区域に入り、初日に常連さんが入っていたポイントへ。

2018091917241500

本当に良い景色。

 

なんとなく狙いどころが分かってきたので、それらしちところに投げていると、掛かった!

 

浅いところに来ると、ちょっとブナがかったキレイなオレンジっぽい色可見えてきます。

 

が、手前まで来てバレた〜〜!

 

でも、同じ場所にまだいるに違いない。

 

再びキャストを繰り返すと、やっぱりバイト!

せっぱりのオスでした。

 

これで忠類川で3本キャッチ!

最後は集中力が切れてきたのか2連続でストラクチャに引っ掛けてしまい、2連続でルアーロスト。。

 

でも、当初の目的を達成できて大満足😆

 

三日間思う存分遊びきって、北海道遠征はこれにて終了。色々な方々との出会いにも恵まれ、北海道の大自然に遊んでもらったなーという感じ。

いつも一緒に行ってくれるAちゃんにも感謝。

やっぱり遠征は楽しいなぁ。

 

関連記事

当ブログはハヤブサが釣り好きの女性たちを応援し、
一緒に釣りを盛り上げて下さるHAYAKAメンバーによる
日々の出来事を綴ったブログです。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。